ハゲ対策.net

タグ「矯正縮毛」の付いている記事一覧

シャンプーとドライヤー

<更新日時> 11月03日(土) 07:36

通常、シャンプーには石油を原料とする合成界面活性剤などの化学成分が含まれています。

合成界面活性剤によって汚れ落ちは格段によくなりますが、逆に過剰に皮脂を取り除いてしまったりすることもあります。

化学成分が頭皮にしみ込んだり残留することもよくありません。

毛根などにダメージを与えてしまいます。

また、パーマや矯正縮毛、カラーリング、脱色なども頭皮や髪の毛にダメージを与えます。

シャンプーやリンスはなるべく植物由来の天然成分のものを使うとよいと思います。

シャンプーは地肌に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。頭皮を清潔にすることは発毛には重要です。

シャンプー後のドライヤーのあてすぎによって頭皮がダメージを受け、抜け毛が増える場合もあります。

かわかすときは地肌に近づけすぎず適度に、長時間ドライヤーをあてることはなるべく避けましょう。

温風を頭皮にあてすぎると頭皮が乾燥してしまいます。

また、自然乾燥も毛髪の水分量が減少してしまうことがわかっています。

そのため、タオルドライとドライヤーをうまく組み合わせて乾かすことが大切です。

タオルで髪の毛をすり合わせる方法はキューティクルを痛めてしまうので避けましょう。

髪の毛の間に空気を含ませるように優しく水気をとります。

大体の水分がとれたらドライヤーで乾かしましょう。

このときも完全にかわかすのではなく、少し湿った状態で終わるのがポイントです。

最後は自然乾燥で乾かすと良いでしょう。