ハゲ対策.net

抜け毛の季節

<更新日時> 11月03日(土) 07:37

季節が変わると気温、湿度など頭皮を取り巻く環境が変化します。

髪の毛が抜けやすいといわれている季節は秋です。

この時期になると抜け毛が増えるといわれています。

髪の毛は毎日抜け落ちていますがその本数は一般的に50~100本ほどです。

それがこの時期になると200~300本も抜ける場合があります。

秋に抜け毛が増える原因として考えられることは、夏の紫外線です。

紫外線を浴びると頭皮が炎症を起こし、発毛、毛髪の成長を阻害してしまうために、秋に髪が抜けやすくなります。

つまり、秋の抜け毛を防ぐためには、夏の頭皮と毛髪のケアが重要になってきます。

夏場はたくさん汗をかき、毛穴に皮脂もたまりやすくなります。

マッサージしながらシャンプーを施し髪の毛を清潔に保ちましょう。

シャンプー自体が頭皮に残らないようにしっかりとすすぎをするようにしましょう。

春も抜け毛が多い季節です。

秋や春など季節の変わり目は、頭皮も夏用の頭皮に変わったり、冬用の頭皮に変わったりするそうです。

抜け毛が増えたからといってあわてず、髪の毛と健康に良い対処方法を試すことが大切です。

慌てて頭皮に合わない発毛剤などを使ってしまうと逆効果になってしまいます。

頭皮と紫外線

<更新日時> 11月03日(土) 07:37

紫外線を浴びると、頭皮、毛髪も影響を受けています。

紫外線を浴びることによって、多量の活性酸素が発生し、皮脂が過酸化脂質に変化します。

それが抜け毛・薄毛の原因となり発毛を妨げてしまうのです。

紫外線対策として夏場は帽子をかぶるなどの対処が必要です。

帽子をかぶる際、帽子の中が蒸れてしまうと雑菌の繁殖などが起こりやすくなります。

帽子を選ぶときは通気性のよいものを選びましょう。

またシャンプーで余分な皮脂汚れを洗い流したりして清潔に保つようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)と漢方薬

<更新日時> 11月03日(土) 07:37

AGA(男性型脱毛症)などによる薄毛、抜け毛対策として、漢方薬を試してみるのも一つの方法だと思います。

漢方薬は、いくつかの生薬を組み合わせてつくります。

漢方薬には数千年の長い歴史があります。

材料は天然のものが使われ、自然のもつ生命から病気を治す力をもらうというような考え方です。

漢方は一人一人の症状に合わせた漢方薬を組み合わせるというオーダーメイドの治療法です。

漢方の考え方から見る抜け毛、薄毛の原因は大きく2つあります。

1つは栄養が髪に届かず「滞っているタイプ」、もう1つは髪に必要なものが「不足しているタイプ」です。

現代人はこの血管が細くなったりつまったりという症状が増加傾向にあります。

血液の流れが滞っているようなときに効果があるのが、加味逍遥散【かみしょうようさん】や桂枝茯苓丸【けいしぶくりょうがん】などです。

また肥満気味のタイプの人などは身体の中に熱をためている場合が多くその場合は黄連解毒湯【おうれんげどくとう】などが、効果があるそうです。

血液、栄養が不足しているタイプの人には、十全大補湯【じゅうぜんだいほとう】や当帰芍薬散【とうきしゃくやくさん】などが血液と活力を与えてくれます。

漢方薬の効き目は一つだけとは限らないので、抜け毛や薄毛以外にも様々な効果をもたらしてくれそうです。

漢方は個人に合わせたオーダーメイドが基本なので、漢方の専門家に相談してみましょう。

« 前の記事 | 次の記事 »