ハゲ対策.net

2012年5月の記事一覧

発毛と白髪とコラーゲン

<更新日時> 11月03日(土) 07:36

コラーゲンは、髪の毛に対しても発毛などの効果があるとされています。

コラーゲンはタンパク質の一種です。

髪の毛の成分もタンパク質なのでタンパク質を摂ることは髪にとって重要です。

髪の毛を構成しているタンパク質はケラチンです。

コラーゲンを摂ることで細胞の活動が活発になりケラチンの合成が進むと考えられます。

また、白髪対策にもコラーゲンが、良いといいます。

白髪は加齢やストレスがもとでメラノサイトの活動が止まり、メラニン色素が作られなくなることで起こります。

加齢によるものなので治りにくいものですが、コラーゲンを摂ることで実際に髪の毛に変化があった事例もあります。

頭皮は外側から表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

毛髪は、この中の真皮の部分から生えているのですが、この真皮の主な構成成分がコラーゲンです。

そのためコラーゲンの新陳代謝が低下し、栄養素が十分毛髪に行き届かなくなると、髪の毛が細くなったり、抜けたりしてしまいます。

コラーゲンが多く含まれる食品は、うなぎ、牛肉、豚肉、鶏肉、軟骨などです。

抜け毛の季節

<更新日時> 11月03日(土) 07:37

季節が変わると気温、湿度など頭皮を取り巻く環境が変化します。

髪の毛が抜けやすいといわれている季節は秋です。

この時期になると抜け毛が増えるといわれています。

髪の毛は毎日抜け落ちていますがその本数は一般的に50~100本ほどです。

それがこの時期になると200~300本も抜ける場合があります。

秋に抜け毛が増える原因として考えられることは、夏の紫外線です。

紫外線を浴びると頭皮が炎症を起こし、発毛、毛髪の成長を阻害してしまうために、秋に髪が抜けやすくなります。

つまり、秋の抜け毛を防ぐためには、夏の頭皮と毛髪のケアが重要になってきます。

夏場はたくさん汗をかき、毛穴に皮脂もたまりやすくなります。

マッサージしながらシャンプーを施し髪の毛を清潔に保ちましょう。

シャンプー自体が頭皮に残らないようにしっかりとすすぎをするようにしましょう。

春も抜け毛が多い季節です。

秋や春など季節の変わり目は、頭皮も夏用の頭皮に変わったり、冬用の頭皮に変わったりするそうです。

抜け毛が増えたからといってあわてず、髪の毛と健康に良い対処方法を試すことが大切です。

慌てて頭皮に合わない発毛剤などを使ってしまうと逆効果になってしまいます。

頭皮と紫外線

<更新日時> 11月03日(土) 07:37

紫外線を浴びると、頭皮、毛髪も影響を受けています。

紫外線を浴びることによって、多量の活性酸素が発生し、皮脂が過酸化脂質に変化します。

それが抜け毛・薄毛の原因となり発毛を妨げてしまうのです。

紫外線対策として夏場は帽子をかぶるなどの対処が必要です。

帽子をかぶる際、帽子の中が蒸れてしまうと雑菌の繁殖などが起こりやすくなります。

帽子を選ぶときは通気性のよいものを選びましょう。

またシャンプーで余分な皮脂汚れを洗い流したりして清潔に保つようにしましょう。

次ページへ »