ハゲ対策.net

ミノキシジル副作用

ミノキシジルの副作用について

外用薬の場合は、頭皮のかゆみが見られる場合もあります。

ミノキシジルが溶解されている液体「基剤成分」に対するアレルギーが見られる場合もあります。

また、もともと血圧の降下薬のため、低血圧や動悸などの循環器症状が、起こることもあります。

ミノキシジルは肝臓で代謝されて、尿(腎臓)より排泄されるため、腎機能障害(人工透析中の方を含む)、肝機能障害のある方には、慎重投与となります。

ミノキシジル内服については、ミノキシジルの血中濃度が一定に保たれるからという理由で、

朝晩の二回回という方が多いようですが、外用タイプより副作用が気になるのと、その人の身体の状態によって変わってくるので、服用の際はドクターに相談するようにしましょう。

通常の病院での取り扱いはないことが多いです。

しかし仮に取り扱いのある病院やクリニックで処方してもらう場合でも、認可されていない薬なので自己責任で服用する旨の誓約書へ署名を求められる場合があります。

それほどの危険な薬だということを認識する必要があります。